ウィーンのピアノ学生の日常生活。ありのままに、私らしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2連夜コンサート

昨日の夜、シェーンブルン宮殿で
ウィーンフィルとプレートルの指揮による
Sommernachatskonzert(直訳で夏の夜のコンサート)が
ありました。
あいにくの雨の中の公演となってしまいましたが
ウィーン中から人が集まってきたんじゃないかっていうくらい
すごい人でした。

テレビももちろん中継。
schoenbrunn
でっかいカメラも登場。

schoenbrunn2
私は開演ぎりぎりに行ったので
後ろの方でこのスクリーンをみながらみていました。
舞台の左右にあるんですよー。

schoenbrunn3
やっぱり春だから花がきれい。
この花壇の横に柵があったのでよっかかりながら
そしてビール片手に鑑賞。

schoenbrunn4
後ろからの全体像。
最後のアンコールは多分ラデツキー行進曲だったと思いましたが
みんなで踊ってました。まわりの人が。
プレートルの指揮は決して大げさじゃないけど
素晴らしかったです。
やたらとテンポが遅い感じがしましたが笑

おまけ
schoenbrunn5
夜のシェーンブルンは初めて見ました。
とってもきれい。

そして今日は
ブレンデルのリサイタルでした。
曲目はハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン・シューベルト
すべてウィーンものです!笑
信じられない音質!!
一応最後のリサイタルということだったのですごい人でした。
楽友協会が満席!
立ち見もほぼ満員!!
最後のシューベルトのソナタB-durは
神、と言っていいと思います。
ものすごく深みのある低音に
心揺さぶられる高音。
的確なフレージング。
そしてどの曲にも言えるのが
一音一音しっかりと意味が与えられているということ。

シューベルトが終わった後は
みんなスタンディングオベーションでした!!
アンコールも3曲!!
このリサイタルでお別れかぁ・・・と思ってましたが
今度ウィーンフィルとモーツァルトのコンチェルトをやるという噂が。
本当だったらかなり楽しみ。絶対聞きに行きます。
brendel2
感動を与えてくれました。

おまけ。うまいことタイミングが合って1部終了直後のブレンデルを激写しました。
brendel
少し見にくいですが。

明日はテスト!!泣
スポンサーサイト

ラヴェル!!

昨日の夜、楽友協会のコンサートにいってきました!

今回初めてウィーンでパリのオーケストラを聴きましたが
ウィーンのオーケストラとはまた違った響きでした。
特にこのコンサートはラヴェルラヴェルラヴェル!!だったので
また格別。
なんていっていいかわかりませんが
空気がどんどんふくらんでいくような響きでした。

最後の曲ががボレロでしたが
最初小太鼓が始まった瞬間からしばらくの間は
ものすごく会場全体が張りつめた空気でした。
曲の最後に近づくにつれて2階の会場横部分の2列目以降(舞台が完全に見れない席、多分笑)に
座ってた人たちが舞台を覗き込むようにして立って見ていました。
私も鳥肌が立ってしまいました。
それくらい良いボレロ!

そのほかのマ・メール・ロワ、ラ・ヴァルス、ダフニスとクロエもとってもよかった!!

とても良い夜になりました☆

興奮!!

今日は楽友協会にイェフェム・ブロンフマンのコンサートにいってきました。
楽友協会


今日の朝、レッスンがあったんですけどその時も師匠と
師「今週コンサートいく?」
私「今日のブロンフマンのいきますっ!」
師「僕も行くよ!すごいプログラムだよねー!!いやー、楽しみだねー!」
と、レッスンでも話題になってしまうくらいのプログラムでした。

Beethoven:ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調「幻想曲風ソナタ」
Schumann:幻想曲 ハ長調
Ravel:夜のガスパール
Balakirev:東洋風幻想曲「イスラメイ」
アンコールは、おそらくスカルラッティとショパンエチュードの革命と
プロコフィエフの戦争ソナタの終楽章でした。

もう!すばらしい!!の一言です!
これだけの大曲たちを並はずれたテクニックと、美しい音色で聴く人を魅了してくれました。
最初の曲の最初の一音で息をのんでしまいました。

数年前に楽友協会でブロンフマンのリサイタルをききましたが、
その頃とも結構変わってきた感じがしました。
落ち着いたというか、円熟味が増したというか。

今から巨匠と呼ばれるピアニストとなっていくんだろうなぁとおもいました。
というか、もう巨匠レベルって言いたくなる感じ。
最後の戦争ソナタも聞いてるこっちまで興奮してきてしまって
わりと終わった後は口笛に、ブラボー!にスタンディングオベーションしてる人も。
コンサートの帰り道はとび跳ねながら
「やばいっ!ほんとすごいっ!きゃー!」
といいながら帰ったくらいです。私完全変人だ。もうきにしません。
それくら素晴らしいコンサートでした。

すべての演奏終了後↓ ぶれちゃってるけど。
ブロンフマン


またブロンフマンがウィーンに来た時はききにいかねばっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。