ウィーンのピアノ学生の日常生活。ありのままに、私らしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今から

クラッセン(門下の発表会)です。
2台ピアノででます。
ソロより気が楽だけど、難しい曲なのでどきどき。
楽しんで来れますように。
出番は7時半くらい。
では!
スポンサーサイト

発表会!

門下の発表会がおわりました!今日!

今まで2回出ましたが(ゼメスターに一回のペース)
ずーっとうまくいかなかったんですね。。。
終わった後先生の顔見るのがおそろしい・・・みたいなね笑
今回は終わった後先生が笑ってくれてたので
とってもうれしかったです、へへ。

終わった後は例のごとくみんなでビールで乾杯しました!

まだまだ今から課題はありますが
少しずつ少しずつ。

老人ホーム

今日は老人ホームで
姉と二人でコンサートをしてきました。
コンサートといっても二人で50分弱程度ですが。

開放感がある感じの食堂に舞台があって
おじい様おばあ様方が熱心に耳を傾けてくれて
とても温かい雰囲気の中で弾くことができました。

弾いたあと数人の方が声をかけてくれて
これからは聞いてる人のことも感じながら
弾けるようになるといいなぁ、と思いました。
私には心の余裕とゆとりが必要です笑

そういえば最近ウィーンはずっと雨です。
雨だと気分までどんよりするのは私だけじゃないはず・・・。
今日は冬のコートをひっぱりだしました。
でもこの雨がやめばきっと夏のまぶしい太陽がやってくる!
おひさまきらーん!!

課題。

今日はレッスンがあり、この間の門下の発表会の時の演奏について
先生といろいろお話しました。

私の場合本番となるとあがり症とまではいかないけど
とにかく思った通りに普段通りに弾けなくて
身体の方にいろんな問題が生じるという現象が起きてしまいます。
長くなるので割愛しますが。
それについて先生としっかり話し合って
とりあえずなんとか夏くらいまでをめどにがんばろうということになりました。
今がもしかしたら
私のピアノのなにか変らなきゃいけない時なんだろうな
と、思うわけです。
結構精神的にきつくなったりするけど。
長年のくせを治すのは本当に大変だけど
これが治れば必ず良くなる、と思ってます。

さすがに先生はいろんな生徒をみてきているだけあって
解決策などをとても細かく教えていただけました。

ドイツ語がまだつたない私でも、真剣にいつも話を聞いてくれる先生にほんとに感謝です。

がんばる。

klassenとコンサート

昨日無事に(?)門下の発表会が終わりました。
バッハはほんとに本番で弾くのが怖すぎる!
といってみたりしますが
今後の課題はいかに殻をやぶるかということになっていきそうです。

殻を破るという一線はとても私にとってとてもこわくて、
そつなく弾こうとすると縮こまった演奏になってしまって
一線を越えようとすると私の場合いろんな意味でとんでしまうんですね。

今後の課題はたくさんです。

そのあとは先生が門下の生徒を引き連れて
コンサートにいきました。
ドビュッシーのエチュードと、ラヴェルのガスパール全曲!
とても疲れていた中での演奏だったらしいですが、
プロというのはそういう中でも聴かせてくれる。

コンサートが終わってみんなでビールで乾杯!!
よかった、ビールが飲めて笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。