ウィーンのピアノ学生の日常生活。ありのままに、私らしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行記 その3!

その2で書いた町の近くにはちょっと大きめな都市があったんです。
そっちまで足をのばすことは時間的にちょっと余裕がなかったんですけど
3時間くらい観光してみました。

えーっと、国会議事堂?笑 定かじゃないです、すいません。
Ettlingen12

大きなショッピングセンターもあったりして!
なんかおしゃれでした!久しぶりにおしゃれなところに足を踏み入れました!
さすがに、やっぱり都市となると物価は田舎と比べるとお高めでした。
でもウィーンと比べるとまあ普通かな。

そうそう、一個前の記事「その2」の街でスーパーどこですか?って地元の人に聞きまくったんです。
水とかやっぱり買いたくて。
みんなから返ってくる答え・・・・
「このへんはちょっとわからないわぁぁー」



・・・・・・・・・。
あなた、子連れでベビーカー押してるじゃないですか。
明らか地元臭ただよってるじゃないですか。
あら、あなたは自転車こいでるじゃないですか。。。
どうやって暮らしてるのかすごく不思議でした。

この辺の田舎に住むとみんな車とかできっとまとめて買い出しなんですかね。
一人ものすごく親切な人が自分の乗ってた自転車を置いて
スーパーまで連れて行ってくれました。
一人じゃちょっと分かんないような場所。
でもそのスーパーも暮らしていくには不便するような品揃えだったと思います。
目的な品々は買えたので良かったですが。


さっきの都市に話は戻って。
ドイツのこの地方の路面電車はこんな感じ。
Ettlingen17
田舎町は路面電車に乗って15分くらいのところにありました。

町並み。
すっきりしたお天気に恵まれました。
Ettlingen13

アイスを食べ歩きしました。日が強かったのでアイスの冷たさがたまらない!
ただ、路面電車に持って入って食べてはいけないらしく
急いでばくばく食べましたが。
アイスはのんびり食べるものですね、実感しました笑
でも確かに電車内はウィーンに比べて清潔な感じがしました。

ラスト。
路面電車からとった風景。
なんてことない草原ですけど、
ここのところ日々追い立てられて生活していたため
こんな風景をゆっくりとみることをできずにいました。
緑には心を洗う力がある。絶対です。
Ettlingen14

帰りは電車で約7時間半かけてウィーンに戻りました!
電車の通り道でシュトゥットガルトを通り(でかい建物続出!)
ミュンヘン駅で乗り換えをしました。
乗換10分あるから余裕だろう!と高を括っていましたが
大間違いでした。
分かりにくいわけではないしただ横に電車が並んでいるだけなのに
なにせ駅全体がでかいし、
私は席指定されてるチケットを買ってたのでそこに辿りつかなきゃいけないしで
指定の席に座ったとたんに発車。

あっぶねええええええええ!!!!!!!

と言わざる得ない状況。
駅構内でスタバがあったのでなんか買っていこうかなぁー、
なんてことを前通る時に思ってましたが
買ってたら絶対乗り遅れてました。

ミュンヘンからはザルツブルグやオーストリアの多分有名ななんとか湖(名前忘れました笑)を
通り過ぎ、1日でちょっと色んな街を見れて得した気分。

今回の旅はいろんな発見と、
これから自分の方向性を見つめなおすいい機会になりました。

そんでもってやっぱり旅に出ると
必ずと言っていいほど白米が食べたくなりますね。
チャーハンじゃだめです。白米じゃなきゃ。
無性にお茶漬け食べたくなったり。
普段お茶漬け食べないのになぁ。

初めてのブログ記事の連続投稿してみました。
思い出は覚えているうちにってね!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュトゥットガルト出張 Eine Dienstreise nach Stuttagart

先週一週間シュトゥットガルト郊外に出張に行ってきた。1日目。この日は日曜日夕刻シュトゥットガルト到着。ホテルは中央駅北口からちょっと行ったとろの安ホテル安ホテルといえど、部屋は清潔で快適に過ごせそうだ。部屋で休憩後街に繰り出す。「ach, so, ach, so」(日...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。